長野県議会議員 本郷一彦公式ウェブサイト
無限の可能性を求めて、本郷一彦県政レポート、21世紀長野県再生戦略構想

2014年2月よりメールマガジンを配信しています。
購読ご希望の方はQRコード、又は下のURLにアクセスしてください。
http://h-kazuhiko.jp/mm/
ほんごう一彦メールマガジン(QRコード)

フォトレポート
|
県政レポート
|
リンクURL
|
更新しました月刊かぼちゃ新聞
県議のコラム
|
プロフィール
|
お問い合わせ
|

平成30年11月23日
平成30年11月14日
平成30年11月14日
平成30年11月11日
平成30年11月03日
松本市技能功労者表彰にて祝辞を述べる 知事と正副議長と各派代表者会議にて11月県議会の重要課題について発言 各会派代表者との打ち合わせ会議に出席 ファミリーフェスティバルにて将来を担う子供達の家庭教育についてスピーチ 芳川地区文化祭に出席
松本市技能功労者表彰にて祝辞を述べる
知事と正副議長と各派代表者会議にて11月県議会の重要課題について発言
各会派代表者との打ち合わせ会議に出席
ファミリーフェスティバルにて将来を担う子供達の家庭教育についてスピーチ
芳川地区文化祭に出席

新年明けましておめでとうございます
 旧年中は皆様方に大変ご支援を頂き、心から感謝申し上げます。
 2018年は昨年以上に歴史的にも予測を超えたパラダイムシフトの1年でありました。国際社会は益々多極化し、アメリカンファーストの顕在化、北朝鮮問題、中国の台頭、ヨーロッパの混迷、アジア諸国の急成長、中東諸国の一層の不安定化等、引き続き課題山積であります。思いつくだけでも大変な状況であります。
 一方、日本はあらゆる分野で加速する人口減少がその前提となり、働き方改革、入管法の改正、人手不足の中、急速な超高齢社会は現実のものとなり、他国に例をみない人口構成であり、社会保障制度の新しい構造をいかに造成するかが、最大なる政治テーマとなってきております。地方創生の理念は継続しておりますが、引き続き首都圏への人口流入は止まらず、地方創生は大きな社会的課題であります。
 そうした中、長野県は平成31年からの総合5ヶ年計画が2年目を迎え、学びと自治を基本理念の柱として、各分野ごとに新しい発想力と新しい時代への挑戦を果敢に進めなくてはなりません。
 いずれにしても人類がかつて経験したことのないAI・IoT時代の中、私達は過度な悲観論に陥ることなく、この時代を乗り越える決意と意思こそが今ほど重要なことはないと認識しております。

長野県議会議員
自由民主党県議団 団長
本郷 一彦

ほんごうー彦の5つの重点政策
(1) 教育の充実と子育て支援・スポーツ振興
創造性に富んだ教育改革の実現、子育て環境に対し県独自の施策実施を。サンプロアルウィンをはじめスポーツ施設の充実
(2) 安心して暮らせる長野県を
高齢化社会に対応すべく医療・介護体制の充実強化
(3) 女性が輝く長野県を
女性の就業機会、社会参画に向けて一層充実を図りその支援の実現を
(4) 地域経済活性化と雇用の充実
若者が希望の持てる中小企業・商店街・観光・農林業の活性化対策と安定した雇用の獲得策
平成34年信州まつもと国際空港を実現します
(5) 県土の強靱化のための社会基盤の整備
災害に強い生活に関連する交通網や道路・河川・治山等の充実
ほんごうー彦の5つの重点政策

本郷一彦公式ウェブサイト
Copyright (C) h-kazuhiko.jp. All Rights Reserved.