長野県議会議員 本郷一彦公式ウェブサイト
無限の可能性を求めて、本郷一彦県政レポート、21世紀長野県再生戦略構想

2014年2月よりメールマガジンを配信しています。
購読ご希望の方はQRコード、又は下のURLにアクセスしてください。
http://h-kazuhiko.jp/mm/
ほんごう一彦メールマガジン(QRコード)

県政フォトレポート 更新しました
|
県政レポート 更新しました
|
リンクURL
|
更新しました月刊かぼちゃ新聞
県議のコラム
|
プロフィール
|
お問い合わせ
|

平成30年05月30日
平成30年05月20日
平成30年05月19日
平成30年05月01日
平成30年04月11日
街を花いっぱいにする会総会にて挨拶 第35回全日本総合エアロビック選手権長野県大会にで会長として挨拶 松本国際高等学校落成式にて来賓を代表して祝辞を述べる 小平選手とスポーツ振興について語る 新議長のもと6月定例会に向けて最初の各党代表者会議
街を花いっぱいにする会総会にて挨拶
第35回全日本総合エアロビック選手権長野県大会にで会長として挨拶
松本国際高等学校落成式にて来賓を代表して祝辞を述べる
小平選手とスポーツ振興について語る
新議長のもと6月定例会に向けて最初の各党代表者会議

次なる世代が希望の持てる社会をめざして
 国際情勢とりわけ米朝関係が益々混迷を深める中、日本は戦後初めての主体的外交戦略の造形と指導力を問われており、今こそ政治の大極的姿勢を強く示すべきと思います。
 トインビーは明治の近代化は歴史の奇跡と指摘されましたが、明治維新から150年経過した今日、改めて明治という時代における政治の洞察力や健全な愛国心により、アジアにおいて唯一独立を堅持したことは、客観的な国家観から言えば高く評価しなければなりません。
 その前提として江戸幕府270年のあらゆる分野における蓄積があったことは今更指摘するまでもないと思われます。
 1945年の終戦から戦後復興、高度成長、バブルの崩壊、リーマンショックと大きな激動の中で、国内的には超高齢化、生産労働人口の減少、少子化という先進国でも例を見ない3重苦が発生し、とりわけ2025年には700万人と言われる団塊の世代が後期高齢者となり、約20年先には社会保障費の総額は190兆円との予測もされて .... 続きを読む

ほんごうー彦の7つの重点政策
1 健康長寿日本一を目指して
安心して暮らしのできる高齢者福祉・医療の更なる整備と障害者福祉の充実
2 地域経済活性化と雇用の充実
中小企業・商店街・観光・農林業の活性化対策と安定した雇用の獲得策
3 財政の立て直し
財政再建のため持続可能な財政プランの策定
4 教育の充実と子育て支援
創造性に富んだ教育改革の実現・子育て環境のための県独自の施策を
5 女性が輝く長野県を
女性の就業機会、社会参画に向けて一層充実を図り、その支援の実現を
6 環境問題・再生エネルギーの普及
安心できる環境立県への実践対応・自然エネルギー・省エネルギー促進
7 社会基盤の整備
生活に関連する交通網や道路・河川・治山等の充実
ほんごうー彦の7つの重点政策

本郷一彦公式ウェブサイト
Copyright (C) h-kazuhiko.jp. All Rights Reserved.